住宅ローン滞納

住宅ローンが払えない! 延滞が続くとこの先どうなる?

住宅ローンを滞納しつづけるとどうなる?

「収入が激減し、毎月のローンの返済が苦しい・・・」

「ボーナスがカットされ、夏、冬のボーナス払いが払えない・・・」

「ゆとり返済やゆとりローンで返済額が増え、返済が苦しい!・・・」

「退職金が減額され、ローンのプランが狂った・・・」

「会社の倒産やリストラなどで、仕事を失った・・・」

「消費者金融への返済が多く、住宅ローンに回せない・・・」


など、不況により住宅ローンを滞納する方が増えています。ローンを払えなければ、家を売ればいい!と、簡単に言われる方もおられますが、不況の煽りで地価もかなり下落し、家を売っても多額の借金だけが残るのが現状です。住宅ローン破綻です。

又、裁判所から競売の通知が届き、慌てて相談される方が非常に多いです。家だけは何とか残したい!と相談される方が大半です。

実は、住宅ローンを滞納しそのままにしておくと、だいたい6ヶ月で競売の手続きに移り、
更に、その半年後にはあなたの意志と関係なく競売にかけられ、自宅が売られてしまいます。
そして自分の家から強制的に立退くことになります。

その結果あなたは大切な住宅、財産、思い出をも失うことになります。

落札された家は、いくらで売れようと、代金はすべて借金の返済に充てられるため、あなたの手元には一円もお金が入りません。しかも、競売の場合、市場価格の5割〜7割減で売却されるため、家を失った後も、なお沢山の借金(残債)が残ります。結果、自己破産に追い込まれる場合も少なくありません。

又、自宅の引渡の時期は落札者の都合で決まるため、子供の学校のこと等が決まっていなくても一切関係なく退去させられてしまいます。このように、経済面だけでなく、精神的な面でも非常に負担が重いのが「競売」なのです。

そこで競売を避け、今後、あなたにとって少しでも有利になる「任意売却」をお薦めしています。

では、どうすれば競売を回避できるのか? 答えは、「任意売却」にあります!

競売を回避する方法として「任意売却」があります。

任意売却(任売)とは、自宅が競売で落札される前に債権者と交渉し、了解をとった上であなたご自身の意思(任意)で自宅を売却する仕組みです。自宅や暮らしを守り、場合によっては引越しをせずに、自宅に住み続けられることも可能です。競売を回避する事が、人生の再スタートを切るためには重要です。


既に住宅ローンを滞納している方。

どうしても家だけは何とかしたい!方。

銀行やローン会社から督促状や催告書が届いた方。

保証会社等から住宅ローンの「一括返済の請求」が来た方。

ローン保証会社から「期限の利益喪失」の通知が来た方。

裁判所から「担保不動産競売開始決定」の通知が来た方。

※上記箇所に当てはまる方、住宅ローン問題も対応が早ければ早いほど効果的です。

十分な交渉期間があるほど所有者にとって有利に進行するため、早期に相談すればするほど、打てる手立てもたくさんあります!

←左のサイト、株式会社ROSSOコンサルタンツが運営する「お任せ任売ナビ」は、全国の弁護士・司法書士、税理士などの専門家から、不動産コンサルタント・住宅ローンの専門家ネットワークを活用し、個人の住宅ローン問題を解決するためのプロ集団です。

住宅の売買だけでなく、債務の相談、任売に絡む離婚問題なども1箇所で対応可能です。通常は、問題に応じて違う専門家に依頼しないとならず、大変面倒でした。

「お任せ任売ナビ」は、面倒な依頼を1箇所で対応できます。大変、便利なサービスです。
又、あなたの持ちだし費用は一切不要です。

住宅ローン問題は一人で悩まず、今すぐ専門家に相談することが問題解決の近道です!

「任意売却」と「競売」とでは,、結果はかなり違う!!

ここでは、任売と競売の大きく違う点、任意売却のメリットを解説します。


相場の違いは?

【競売のデメリット】 市場価格の5割から7割りの売値しかつかない。
【任売のメリット】  競売より高く、相場に近い金額で売却することが出来る。

残債務の違いは?

【競売のデメリット】 債務が多く残ってしまう、返済方法も交渉できない。
【任売のメリット】  残債務が少なく、今後、交渉により、無理なく返済できる。

退去時期の違いは?

【競売のデメリット】 落札者の都合で、退去させられる。
【任売のメリット】  明け渡しの時期を話し合うこともできる。

秘密の違いは?

【競売のデメリット】 競売物件として、新聞・雑誌に公開されるため、近所にバレる。
【任売のメリット】  近所に知られる心配がない。

引越し代の違いは?

【競売のデメリット】 引越し資金が出ない。
【任売のメリット】  交渉により引越し代金を捻出することができる。


競売により、相場より安く売られ、強制退去させられ、多額の残債務だけが残る競売!なんとしても回避したいですよね。自宅を手放さず、ずっと住み続けるために専門家に仲介してもらうのが重要です。

競売を回避するには、早期に専門家に相談する事です。早期に相談する事で任意売却のメリットが生かされます。

税金は一律20%